葉酸はいつから飲むといいのか調べてみました【@体験談】

葉酸はいつから飲む?

葉酸は妊活中・不妊治療中から飲むべき?葉酸が必要な理由

葉酸って妊活中・不妊治療中から飲むべきのか?を調べてみました。妊娠がわかってから飲みはじめる人が多い葉酸ですが、本当は妊活中・不妊治療中から飲んだほうがいいようです。

『妊活中(不妊治療中)だけど、葉酸を飲もうか、どうしようかなあ』と悩んでいる方はぜひ、参考にしてみてくださいね。

妊活中から葉酸が必要な理由:

妊活中から葉酸が必要な理由をまとめました。葉酸を摂取することで『着床力しやすくなる(=着床力があがる)』『流涎を防ぐ(=妊娠力があがる)』『赤ちゃんの先天性異常を防ぐ』など効果が期待できます。

着床しやすくなる:

葉酸には子宮内膜をふかふかにする役割があります。そのため、着床しやすい環境になります。

  • 葉酸を飲む:子宮内膜がふかふかになる ⇒ 着床しやすくなる
  • 葉酸を飲まない:子宮内膜はそのまま ⇒ 着床率もそのまま

流産を防ぐ:

葉酸には造血作用があります。葉酸を摂取することで、子宮内膜により多くの血液を流すことができます。

血流が悪くなると流産につながってしまう可能性があるので、葉酸は流産を防止するのに有効と言えます。

先天性異常を防ぐ:

妊娠初期に葉酸が不足することで、赤ちゃんの神経管の形成がうまくいかなくなる可能性があります。その結果、二分脊椎症や無脳症といった先天性異常を引き起こしてしまう可能性があるのです。

妊娠初期に葉酸を摂取することで、先天性異常を予防することができます。

貧血の予防:

妊娠すると胎盤を通して赤ちゃんに栄養や酸素をあげるために、妊娠していない時よりも多くの血液を必要とします。

葉酸は造血ビタミンといわれるほど新しい血液を作るのに欠かすことのできない栄養素で、赤血球を正常に作ることをサポートする役割があります。なので、葉酸にも貧血を改善する働きがあります。

妊活のためには男性の葉酸摂取も:

妊活のためには男性も葉酸を摂取する必要があると言われています。男性が葉酸を摂取することでどんな効果が期待できるか見ていきましょう。

 精子の染色体異常を防ぐ:

カナダのマギル大学のマウスを使った実験で、葉酸が不足したオスの子供は、葉酸が足りているオスの子供に比べ、頭蓋、顔面や背骨に奇形が現れる確率が30%も高くなった、という結果が出ました。

  • 葉酸不足:奇形率が30%高くなる

この実験から葉酸が精子の染色体異常を防ぐ効果があることがわかります。

加齢による精子の老化防止:

体が歳をとるにつれて衰えていくのと同様、精子も少しずつ衰えています。

2012年のデータによると、40歳未満の男性と40歳以上の男性の精子を比較した結果、『精子濃度』『精子運動率』『正常精子率』『精子遺伝子の断片化』と、すべての項目で、40歳未満の男性の精子のほうが良い結果がでました。

葉酸には加齢による精子の老化を抑える働きがあると考えられています。妊活のためには少しでも精子の老化を抑えて、元気な精子が多いほうがいいですよね。

参考リンク:

妊活中に夫に葉酸サプリを飲ませた体験談はこちらからどうぞ。すごい結果が出ましたよ!

【検査結果付き】葉酸は男性が飲むとどうなる?妊活中に夫に飲ませた体験談

葉酸は『男性には必要よ」という意見と『男性には必要ではないよ』という意見のどちらもよく目にします。 ということで、今回は私なりの『葉酸と男性について』と『夫に葉酸サプリを飲ませた体験談』を紹介します。 ...

続きを見る

葉酸の上限量と性質:

妊活中や妊娠中に大切な栄養の葉酸ですが、いくら摂取してもいいわけではありません。『1日の上限量』が定められています。

国民健康・栄養調査結果の概要では、葉酸の1日の上限量は

  • 18~29歳の女性:900μg
  • 30~49歳の女性:1000μg

とされています。(出典:年国民健康・栄養調査結果の概要 29ページ

通常の食事に葉酸400μgを配合したサプリを飲んでも、上限を超えることはほぼありません。

葉酸は水溶性ビタミン:

葉酸はビタミンBの一種とされています。ビタミンBは水溶性ビタミンだから、水に溶けやすい性質を持っています。なので、葉酸は過剰摂取になっても尿と一緒に体外に排出されやすいので副作用が起きにくい栄養素です。

葉酸の副作用:

水溶性ビタミンの一種のため、過剰摂取による副作用が起こりにくい葉酸ですが、まったく副作用の心配がないわけではありません。どんな副作用があるのか見ていきましょう。

食欲不振・吐き気:

葉酸の副作用として、食欲不振や吐き気などの症状が報告されています。食欲不振や吐き気が現れたとき、葉酸の過剰摂取をしていないか確認してみましょう。

めまい:

めまいも葉酸の副作用として生じることもあります。

葉酸の副作用はつわりの症状と似ている:

『食欲不振』『吐き気』『めまい』・・・この症状ってどこかで聞いたことないでしょうか?そうなんです、妊娠初期のつわりと似たような症状ですよね。葉酸の副作用なのか、つわりの症状なのかの判断は難しいので、気をつけてくださいね。

妊活中におすすめの葉酸サプリ:

妊活中におすすめの葉酸サプリを紹介します。

私が妊活中に重視する1番のポイントは『無理なく続けることができるか』です。

妊娠中だと出産まであと◯か月と明確に飲む期間がわかりますが、妊活中だと妊娠・出産までの期間を考えないといけません。いつ妊娠するかなんてわからないので、家計に優しい葉酸サプリを選ぶのがいいでしょう。ほんとに高品質な葉酸サプリは妊娠がわかってから切り替えるのでもいい(私も妊娠がわかってから切り替えましたので)と思います。

安さで考えるとやっぱりAFC葉酸サプリがおすすめです:

厚生労働省推奨のモノグルタミン酸の葉酸、鉄・カルシウム・ビタミン・ミネラルと葉酸以外の栄養素もしっかり配合、なにより1800円という圧倒的な安さ、コストパフォーマンスで考えるとAFC葉酸サプリが最強です。コスト重視で選ぶなら間違いなくAFC葉酸サプリがおすすめです。

参考リンク:

私も妊活・不妊治療中はAFC葉酸サプリを飲んでいました。体験談はこちらからどうぞ。

【体験談】AFC葉酸を不妊治療中に飲んでいました

私が不妊治療中に飲んでいたAFC葉酸サプリのレビューです。不妊治療の途中から飲みはじめたので、トータルで1年弱くらいはAFC葉酸サプリを飲みました。 AFC葉酸サプリは私の周りでも飲んでいる人がほんと ...

続きを見る

更新日:

Copyright© 葉酸はいつから飲む? , 2017 All Rights Reserved.