葉酸はいつから飲むといいのか調べてみました【@体験談】

葉酸はいつから飲む?

葉酸はいつまで摂取するといい?産後・授乳期に葉酸サプリを飲むメリットについて

葉酸はいつまで摂取するといいのか?とママさんなら一度は考えたことがあると思います。妊娠初期に葉酸が大活躍するのはわかっているんだけど、意識して摂取する辞め時っていまいちわからないですよね・・・。

なので、葉酸っていつまで摂取するといいのか調べてみました。

産後・授乳期にも葉酸が必要と言われています:

葉酸の摂取は産後・授乳期にも必要だと言われています。

母乳は白色ですが、実はお母さんの血液から作られています。なので、授乳期には鉄不足や葉酸不足といった状態になりやすいのです。産後の鉄不足・葉酸不足にならないためにも葉酸の摂取がとても大切です。

母乳に葉酸を含ませるには:

母乳に十分な量の葉酸を含ませるには、お母さんが葉酸の摂取をしていないといけません。食品からも葉酸を摂取することは可能ですが、葉酸は熱に弱い性質を持っているので、加熱などによって葉酸の成分は失われます。

葉酸サプリを飲むことで赤ちゃんが飲む母乳に葉酸をたっぷりと含ませたいですね。

産後に葉酸を摂取するメリット:

産後に葉酸を摂取するメリットには『質のいい母乳を作ることにつながる』『貧血の改善・予防』『子宮の回復を促す』があります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

質のいい母乳を作ることにつながる:

赤ちゃんの栄養補給といえば母乳とミルクがあります。

葉酸には、『細胞分裂を助ける』『DNAの分裂障害による疾患になる確率を低くする』といった効果があります。生まれたばかりの赤ちゃんは、大人よりも速いスピードで細胞分裂を繰り返しています。葉酸が足りなくなってしまうと、赤ちゃんの細胞分裂が正常に行うことができなくなります。

母乳育児の場合、赤ちゃんが葉酸を摂取することができるのはお母さんの母乳からだけです。葉酸は粉ミルクの中に含まれているほど赤ちゃんにとって大切な栄養素です。

しっかり葉酸を摂取して質のいい母乳を赤ちゃんに飲ませましょう。

貧血の改善・予防:

貧血というと鉄分を思い浮かべる方が多いと思いますが、葉酸も貧血の改善や予防に重要な栄養素です。葉酸や鉄分には赤血球を正常に作るサポートをする役割があります。

また出産に出血し、不足した血液を取り戻すためにも役立ちます。

子宮の回復を促す:

出産をすると、胎盤が子宮内膜からはがれ、子宮から出てきます。子宮は妊娠しているときはかなり大きくなっていますが、出産が終わると元の大きさに戻ろうとします。

産後の子宮内膜は、胎盤が娩出されるので、でこぼこになっています。ずっとでこぼこのままではなく、子宮内膜の復古に伴い、約6週間かけて新たな子宮内膜に覆われていきます。

子宮が回復する時期に葉酸が活躍します。葉酸には細胞分裂を活発にする作用があり、子宮内膜にも働きかけ、子宮の回復を促すのです。

授乳中に必要な葉酸の量:

妊娠中に必要な葉酸の量は、普段の食事に加えてサプリから400μgの葉酸でした。

厚生労働省は、『授乳期の女性が1日に摂取する葉酸の目安は340μg、1日の上限は(年齢により差ありがありますが)900~1000μg』としています。

(出典:厚生労働省『日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要』)

  • 妊娠中の必要量:400μg
  • 授乳中の必要量:340μg

葉酸サプリはいつまで飲み続けるといい?:

余裕があるならいつまでも葉酸サプリを飲み続けるのが良さそうですが、出産するといろいろと物入りになりますよね。誰に聞いてもどこを調べても飲み続けるべきだ、というのが出てきて、正直辞め時がわかりませんでした。

なので、自分ルールを作りました!赤ちゃんに関係するところまでは葉酸サプリを飲もう、と。

授乳期までは葉酸サプリを飲むつもりですが、母乳が出なくてミルクでの育児になったら、その時点で辞めるつもりです。母乳を飲ませている間は葉酸サプリを飲もうかなあと思っています。

  • 授乳期が終わったらやめる

私が妊娠中に飲んでいる葉酸サプリはベルタ葉酸サプリです。体験談はこちらからどうぞ。

【体験談】ベルタ葉酸サプリを妊娠初期から飲んでいます

妊娠がわかってから飲みはじめたベルタ葉酸サプリの体験談です。病院で「おめでとうございます!」と言われてから、赤ちゃんのためにさらにいいものを・・・と夫と話し合ってベルタ葉酸サプリを飲むようにしました。 ...

続きを見る

更新日:

Copyright© 葉酸はいつから飲む? , 2017 All Rights Reserved.