葉酸はいつから飲むといいのか調べてみました【@体験談】

葉酸はいつから飲む?

葉酸が臨月にもおすすめな理由と臨月に飲むべき葉酸サプリについて

葉酸は臨月にも必要なのか、気になりますよね。母子手帳も雑誌も妊娠初期の重要性については書いていますが、妊娠後期や臨月のことになるとほとんど書かれていないのが現状です。

なので、臨月にも葉酸は必要なのか調べてみました。

みんなは臨月に葉酸を飲んでいる?:

厚生労働省が行った「葉酸認知度調査」によると、妊娠予備軍の葉酸認知率は未婚女性40%、既婚女性54%でした。また出産経験者のうち25%『しか』意識的な葉酸摂取を行っていない、という結果が出ました。
(出典:20代~40代女性および医療従事者における「葉酸」認知度調査 2ページ目

2002年から母子健康手帳に葉酸の必要性が載っているのに、意識的に葉酸を摂取していたのは4人に1人なんです。

私の周りの葉酸事情:

私より1~2年前に出産した友人3人に『妊娠中に葉酸を意識して摂っていたか』ということを聞いてみました。

  • 友人A:里帰りするまでは飲んだ
  • 友人B:飲んでいない
  • 友人C:妊娠がわかってから葉酸サプリを一月分買って飲んだ

厚生労働省の調査結果と同じような結果が出ました.

アメリカなどの医療先進国では葉酸の認知度は高まっていて、先天性異常が減少傾向になっています。先進国の中では、日本だけが先天性異常の患者数が減らないという事実もあります。

葉酸が臨月にもおすすめな理由・メリット:

臨月に葉酸サプリを飲むと、どのような効果を期待できるのか調べてみました。

妊娠中は普段以上に葉酸が必要:

厚生労働省が推奨している1日の葉酸の摂取量は、妊娠をしていない18~49歳の女性は240μg、妊娠中の女性は400μgです。妊娠すると普段の1.6倍以上もの葉酸の摂取が必要とされています。

貧血の予防につながる:

妊娠中は血液を通して、ママは赤ちゃんに栄養や酸素を送っています。臨月となると赤ちゃんもかなりの大きさになるので、多くの血液が使われ、貧血になりやすくなっています。
臨月ともなるとお腹も大きくなっているので、貧血でのちょっとしたよろめきなども怪我の元になったり・・・

葉酸には赤血球をつくるのを助ける働きがあるので、貧血の予防につながります。妊娠中は貧血でなくても、出産の際に出血をすることで貧血となる場合もあるので、葉酸の摂取は効果的です。

抜け毛の予防:

妊娠中は女性ホルモンが多く分泌されるます。しかし、出産すると過剰に増えていた女性ホルモンが一気に減るため、抜け毛が多くなってしまうのです。

産後に抜け毛や薄毛で悩まされる女性が多くいます。葉酸には細胞分裂を助ける働きがあるので、抜け毛の予防になります。

臨月におすすめの葉酸サプリ:

臨月まで葉酸サプリを飲むならば、産後の抜け毛予防のために、美容成分が配合されたサプリがおすすめです。ベルタ葉酸サプリは葉酸や鉄分などに加え、『ツバメの巣』『コラーゲン』『ヒアルロン酸』『プラセンタ』『黒酢もろみ』『珊瑚カルシウム』と6種類の美容成分が配合されています。

それでいて無添加でママに必要な栄養素を品質にもこだわりぬいて配合したサプリです。

私が妊娠中に飲んでいるのはベルタ葉酸サプリです。体験談はこちらからどうぞ。

【体験談】ベルタ葉酸サプリを妊娠初期から飲んでいます

妊娠がわかってから飲みはじめたベルタ葉酸サプリの体験談です。病院で「おめでとうございます!」と言われてから、赤ちゃんのためにさらにいいものを・・・と夫と話し合ってベルタ葉酸サプリを飲むようにしました。 ...

続きを見る

更新日:

Copyright© 葉酸はいつから飲む? , 2017 All Rights Reserved.